私について

Keiko Kozakura

Keiko Kozakura

小桜 恵子

風水師 / 占い師 / アロマセラピスト / 広告ディレクター 

世界最高峰と言われる香港の師や、日本でも有数の師などから、古典風水、占いを様々な開運法として総合的に学ぶ。

風水の原理と数千人の鑑定経験をもとに、現代のライフスタイルに合わせた開運法を発信。

八宅派風水師

フライングスター風水師

風水インテリアアドバイザー

情報推命学鑑定士

国際アロマテラピスト

ペニープライス認定校アロマ
講師

直感医学エネルギーセラピスト

心理カウンセラー

色彩心理カウンセラー

レイモンド・ロウ師
玄空飛星派風水 初級〜上級 修了

山道帰一師
玄空飛星派風水 初級〜中級 修了

黒門師
陽宅風水 初級〜上級 修了
奇門遁甲 初級〜中級 修了

田中道明師
風水の傾向と対策講座 修了

谷口令師
風水インテリアアドバイザー講座 修了

など

中国新聞発行フCue 風水コラム
連載
(2017-2019年) 

FMちゅ―ピーWeekend H
毎週土曜レギュラー出演
(2017年)

広島北ロータリークラブ会報誌
風水コラム

など

広島北ロータリークラブ

広島ビジネス専門学校

広島県看護師協会

中国新聞社

など

占い師になった理由

プライベートでは、バツイチ歴約25年。

当時、専業主婦で4歳と2歳の子どもを抱え、慰謝料養育費なしで離婚。

実家にも頼れず、女手1つで仕事(花屋やアパレル会社の秘書、広告代理店では総務経理から広告ディレクターに転職し、広島の商業施設やデパート、企業、女性目線のフリーペーパーや情報誌などの制作を手掛ける)と、子育てに追われる日々。

10年以上前にリウマチを発症。「一生治らないし、立てなくなる、歩けなくなる」と医者から言われて、月に360錠の薬と、週一の自己免疫抑制注射。

広告の仕事を通じて知った、占いについて絶望の淵から興味を持ち、京都伏見に2年以上通い「易学鑑定士」に。心と身体はつながっていると「アロマセラピスト」の資格も取得。その後、風水に出合い、日本の三大風水師や、世界最高峰の風水師と言われる香港の師などに師事。

それらの学びをもとに、自身のお客様たちの事例などから、独自の占いや風水メソッド を生み出し、[5to6自分トリセツ]占い師、[5to6インテリア風水講座]講師、龍体フトマニ図講師、オーガニックアロマセラピストとして活動中。
現在は病気も完治。

今、とてもツラくて、しんどいと思っている人たちに『人生、何歳になったって自分がその気になれば運命を変えていける』と、広島市の自宅サロン「5to6(コトロク)」にて、占いや風水をお伝えしています。